不用品の処分費用、安く抑えたいなら

>

見積りを取ってみよう

不要品回収の見積りに含まれる項目

不用品回収業者へ回収を依頼するとき相見積もりをとる方は多いと思いますが、一般的な見積りにはどのような項目が含まれているのか事前に知っておきましょう。

まずは処分費用です。処分する対象物によって処分代金は変わってきますのでそれぞれに対して費用が記載されています。遺品整理などで回収品目が多い場合は一つずつ見積りするのではなくトラック1台分の費用を計上する場合もあります。

出張費は業者が依頼者のもとへ訪問する際にかかる費用です。人件費は、作業工数が多くなり作業員の人件費がかかる場合に計上される費用です。リサイクル料金は、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機に該当するリサイクル家電を回収してもらう際に発生する費用です。分別費は不用品を回収した後、分別するのにかかる費用です。

見積りの項目に不明瞭な点があれば業者へ確認しましょう。

金額の違いは何の違いなの?

不用品の回収業者は日本全国に多々ありますが、見積りを取ってみると金額にはバラつきがある場合が多いです。

その理由は、不用品の回収費用については特にルールなどはなく業者が自分で設定する為、業者の考え方が反映されるからです。
なかでも回収費用については業者によりバラつきが多く出ます。回収費用は回収業者それぞれが設定しますが、回収後の処分方法によって費用が異なるケースが多いようです。リユースする場合は依頼者へ利益を還元し回収費用を安く抑えることができたり、回収費用が掛からず逆にプラスになるケースもあります。

また、回収業者の規模によっては、繁忙期や土日は人員の確保が難しいケースがあります。人手の確保で費用がかかってしまうこともありますが、平日であれば平日割引などの特典が付く業者もありますので確認してみましょう。